HUMA 中途採用応募要項はこちら 被験者支援事業

ホーム > サービス案内(販売促進支援事業) > サンプリングマーケティング - 調査例とオプション

サンプリングマーケティングの調査例とオプションの紹介です

サンプリングマーケティング (特許出願中 特願2008-148032) 4.調査例とオプション

消費者の率直な評価を抽出直接販売に結びつくような付加価値を

まずは「購入率」を調査

サンプリングを実施した場合、広告よりもはるかに高い確率で本商品購入に至ります。この購入率を調査することで、自社商品のパッケージや宣伝文句と、実際に試用した際の印象にギャップがあるかを測定することが可能です。
もちろん、この「ギャップ」はないにこしたことはないのですが、実績上購入率は3%〜30%です。

次に「購入しなかった理由」を調査

一生懸命貯めたポイントを消費し、数ある商品の中から選りすぐって注文した商品のサンプルであるにも関わらず、購入に至らない方は多数います。この読者(会員)が、何故購入しなかったのか。いつ、どのタイミングで、なぜ興味を失ってしまったのか。その理由を検証します。

最後に「貴社の聞きたいこと」を自由に調査

健康・美容に興味の高いココミル会員であり、かつ貴社商品に高い興味を示したサンプル注文者に、自由に質問して下さい。貯まりにくいポイント制度により、サンプラーと呼ばれる「無料サンプル収集家」のような人はいません。皆さん、いち消費者として率直な意見をしっかりと答えてくれます。

「本商品購入」や「ブログ記載等口コミ」という付加価値も

ココミルのサンプリングは、マーケティングが目的ですが、サンプルを配るわけですから、当然商品を気に入って購入する方、ブログなどに記載して評判を広めてくれる方もいらっしゃいます。また、サンプルを注文しなかった方でも、ココミルHP上で商品説明を閲覧する方は相当数いらっしゃいますので、掲載期間中の広告効果も期待できます。ココミルサンプリングマーケティングは、このように直接販売に繋がるような付加価値をご提供できることも、強みとしてお勧めさせて頂いております。

メールアドレス開示サービス候補者を長期的に追いかけるためのオプション

サンプリングマーケティングの注文者を、自社HP会員に

サンプリングマーケティングにて、貴社商品に興味を示した読者(会員)を、引き続き永続的に追いかけていきたいといったニーズを満たすのが、このサービスです。メールアドレス以外の個人情報を開示することはできませんが、メールマガジンを配信したり、自社HPの会員にしたり、事前に同意を取得するので、使用方法は自由に設定できます。
ただし、このサービスはサンプリングマーケティングのオプションサービスであり、単独でご利用頂くことはできません。また、このサービスをご利用頂いた場合、メールアドレス開示に同意頂けなかった方には、サンプルも配布することができませんのでご注意ください。

事前に同意を取得の上で… ・貴社サイトの会員に ・メルマガ会員に

営業担当者より
マーケティング調査、マーケティングリサーチは、販売、営業の知識のある会社へ依頼することをお勧めします。調査専門の会社は、調査については非常に知識を持っていますが、あくまでも調査だけです。マーケティング調査、マーケティングリサーチの目的は、やはり最終的な購入者、購入予定者の動向を調査することが目的だと思います。マーケティングリサーチは、ただ調査することが目的ではないはずです。それを踏まえた時、貴社商品に興味のない層、貴社商品の存在を知らない層への調査は必要ですか?当社のサンプリング、マーケティング調査、マーケティングリサーチは、あくまでも商品に興味の高い対象者へ行っています。マーケティング調査、マーケティングリサーチは、購入予定者に調査しなければ、何の意味もない調査となってしまいます。

» 5.マーケティング事例